駒込駅から徒歩5分の歯医者しもふり橋デンタルクリニック English-speaking staff available.

予約受付はこちら お問い合わせ03-6903-7682

駒込駅から徒歩5分の歯医者しもふり橋デンタルクリニック
English-speaking staff available.

精密治療

見えにくい治療から見やすい治療へ

見えにくい治療から見やすい治療へ

当院ではルーペ(歯科用拡大鏡)とマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて
それぞれ、用途使い分けを行いながら、肉眼では確認しにくい細かい虫歯の治療や歯のひびや歯質と修復物の適合など確認を行う事によって、精度の高い治療をさせて頂いております。

見やすい治療のメリット

1.最小限の侵襲での治療

拡大下で治療を使用することによって、細菌に感染した組織だけを精密に除去することができるため、不要に歯を削り過ぎることがなくなり、最小限の侵襲(Minimum Intervention)による治療を行うことが可能になります。
歯は、削れば削るほど、その寿命が短くなる可能性が高まります。
細菌に感染した組織を残すことはできませんが、可能な限り健康な歯質を残すことは歯の寿命を延ばすことにつながります。

2.精度の高い修復治療

むし歯の治療では、感染した歯質を削り、詰めものや被せもので削ったところを補う必要があります。
詰めものや被せものの治療をするとき、残っている歯質と詰めもの・被せものの境目の精度が非常に大切になります。拡大下では、ここでもその威力を発揮します。
歯質と人工の歯の境目に隙間ができていると、そこから細菌が侵入し、むし歯の再発の原因となります。むし歯が再発してしまった場合には、折角入れた詰めものや被せものも使えなくなってしまいます。
そのような詰めもの・被せもの境目は、肉眼ではスムーズに見えても、マイクロスコープで拡大して確認するとその縁(マージン)はガタガタになっています。
マイクロスコープを使用し、滑らかな境目を形成することによって、非常に精度が高く隙間がない、細菌の侵入しにくい治療が行えるのです。

3.目で確認出来る根の治療

歯の根の治療である根管治療は、虫歯が進行して神経管にまで細菌感染が広がってしまった場合に、感染した部分を取り除く治療です。
歯の根の中は狭くて暗いために肉眼では見えず、ドクターの手の感覚だけで治療が行われてきました。これは掃除機を持っていても部屋の中が暗ければどこを掃除すればいいのかがわからないのと同じです。
マイクロスコープなどを使うことで根の先から出ている膿や出血状態の確認根管の内部に付着している感染物などの発見する事が出来、見えなかった処置を見える治療に変える事が可能になりました。

ご自身で上の奥歯の状態を見た事がありますか?

マイクロスコープ

ご自身で上の奥歯の状態を見た事がありますか?

見える治療を目指して拡大下での治療を行っておりますが、
当院では更に、患者さまに安心して治療を受けて頂く為にADENIC DVDを用いて実際に自身で患部の状態を見てもらい、ご理解を得た上で処置にあたっております。
ご自身で上の奥歯の状態を見た事がありますか?
当院では簡単にご自身でその場で確認してもらう事が出来ます。

メインテナンスページへ マイクロスコープについて
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・詰め物
根幹治療 木を見て森を見ずの例えのように 見えにくい治療から見やすい治療へ お口が開きにくいと感じたら歯科医師にご相談を 院内感染予防対策 設備紹介
歯科衛生士はこちら 歯科助手はこちら
北区ドクターズ掲載記事
オーラルケア取材記事